タオルの臭いの消し方は?正しい洗い方と干し方で臭わせない方法

living

洗ったばかりのタオルや、使用して湿ったタオルから嫌な臭いがする時があります。

この臭いの原因は「モラクセラ菌」という菌が原因になっていて、酸素や湿度、水分、そして皮脂などがタオルに付着してエサとなるなど条件が揃うと爆発的に増殖します。

このモラクセラ菌は普通に洗濯機で洗う洗い方では消すことができないので、いつもより手間をかけた洗い方が必要です。

そこで今回は、タオルの臭いを消す方法と、タオルの臭いを防ぐ洗い方と干し方をご紹介いたします。

スポンサーリンク

タオルが臭い!臭いを消す方法

先ほどご紹介したモラクセラ菌の唯一の弱点は「熱」と言われていて、60度以上のお湯に漬け込むことで20分かけて死滅することがわかっています。

高級なタオルの場合は、この方法でタオルの臭いを消す方法をおすすめしますが、そうではない日常使いのタオルの場合は、以下の方法を試してみましょう。

煮沸消毒する

煮沸消毒をする方法をご紹介する前に、煮沸消毒でタオルの臭いを消すデメリットについて先にお話しさせてください。

高温のお湯にタオルをつけて煮込む方法で臭いを元から消すことができますが、その分タオルを傷めてしまう可能性があるので、お気に入りのタオルや来客用の高級タオルには、この方法はおすすめしません。

しかしそうではない日常使い用のタオルの場合は、沸騰したお湯で煮込むだけでOK。

5分程度煮込むことで、臭いの原因であるモラクセラ菌を死滅させることができます。

コインランドリーの乾燥機を利用する

高級タオルや日常使いのタオルを分けて臭いを消すのが面倒くさい!という方は、高温の温風で衣類を乾燥させることができるコインランドリーの乾燥機で臭いを消しましょう。

10分間乾燥にかけるだけで、タオルの臭いの原因だけでなくダニなども死滅させることができるので、タオルの他にぬいぐるみと一緒に乾燥機にかけることもできます。

酸素系漂白剤につける

酸素系漂白剤とは、塩素系漂白剤と比べて優しく衣類に付着した菌を死滅させて、漂白することができる漂白剤です。

塩素系漂白剤は基本的に色物しか使用することができませんが、酸素系漂白剤は色物も漂白することができます。

しかし長時間つけすぎると衣類が傷むので、40〜50度のお湯に20分を目安に漬け込むようにしましょう。

タオルが臭くなるのを防ぐ洗い方

タオルの臭いの原因はモラクセラ菌ですが、このモラクセラ菌はタオルに付着した皮脂などをエサにして増殖します。

綺麗なタオルでも、正しい洗い方でタオルを洗っていなければ、皮脂などのエサを取り除く事ができないので、菌が爆発的に増えてしまいます。

正しいタオルの洗い方は、タオルを洗濯機に詰め込みすぎないように注意して、たっぷりの水でタオルが洗濯機の中で泳ぐくらいの容量を意識して洗濯することです。

また、使用する洗剤は溶けにくい粉末状の洗剤ではなく液体洗剤がおすすめです。

洗った後にタオルに残った洗剤カスも、モラクセラ菌のエサになってしまうからです。

最後にタオルを洗う洗濯機ですが、洗濯槽にこびりついたカビや皮脂・洗剤カスなどもエサになるので、定期的に洗濯槽クリーナーなどでお手入れするようにしましょう。

タオルを臭わせない干し方

タオルを干す時に天日干しをしているご家庭が多いと思いますが、タオルを天日干しすると水分が飛び過ぎてしまう他、タオルの繊維を傷めてしまうのでタオルが固くなってしまいます。

そのため、タオルを洗ったら屋外で陰干しするようにして、なるべく早く乾かすようにしましょう。

雨の日などで部屋干しする場合は、タオルとタオルの間隔を開けて風通しを良くして干すようにする他、エアコンの真下に干すと早く乾かすことができます。

まとめ

タオルが臭くなる原因は、「モラクセラ菌」という菌が原因です。

このモラクセラ菌は60度以上の熱で20分かけて死滅させることができるので、日常使いのタオルであれば以下の方法でタオルの臭いを消すことができます。

  • 煮沸消毒をする
  • コインランドリーの乾燥機で乾かす
  • 酸素系漂白剤を使用する

また、タオルを洗う時の洗い方は、洗濯機の中でタオルが泳ぐくらいたっぷりの水で洗うようにして、タオルを洗濯機に詰め込み過ぎないようにしましょう。

使用する洗剤は液体洗剤にすることで、タオルに洗剤カスが付着しないので、モラクセラ菌のエサになりにくくなります。

最後に干すときは屋外で陰干しすることが理想ですが、やむを得ず部屋干しする場合は、タオルとタオルの間隔を開けて、エアコンの下に干すなどしましょう。