コロナ鬱の原因と改善するためのストレス軽減方法

column

日本のみならず世界中に猛威を振るっている「新型コロナウイルス」ですが、影響があるのは身体だけではありません。

精神的な落ち込みから、「コロナ鬱」になってしまう人が急増しているのです。

確かに見えないウイルスに怯えながら、外出も以前のようにできない日々が続いていくのは、かなりストレスフルだといえます。

今後もこの「コロナ鬱」が増えていくことが予想されることからも、鬱にならない為の改善法の模索が重要なのです。

この記事では、そんな「コロナ鬱の原因と改善するためのストレス軽減方法」について解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

コロナ鬱になってしまう原因

コロナ鬱になってしまう原因を細かく上げていくと、下記のような原因を挙げることができます。

  • コロナウイルスに自分が感染してしまうのではないかという不安
  • 積極的に外出ができない閉塞感
  • コロナ禍の影響により仕事を失ったり減給になってしまうのではないかという不安
  • 恋人や友達といった大切な人たちになかなか会えない苛立ち
  • 外出時は常にマスクをしていなければならないという煩わしさ
  • 世の中全体の沈んだ雰囲気による気分の落ち込み

このような原因によって、徐々に精神的なストレスを溜め込んでしまい、いつしか鬱病を発症してしまうという人が増えてきているのです。

人間は、ストレスや不安が溜まってくると、「夜眠れない」「気分が上がらない」「集中力が続かない」「喜びを感じにくい」「自尊心を持てない」といった様々な症状が現れます。

そういった症状が現れる前に、ストレスや不安の原因を取り除いたり、違うことをしてストレスを軽減する必要があるのです。

コロナ鬱にならない為(改善するため)のストレス軽減方法

鬱病にならない為にすべきことは、「ストレスや不安の原因を取り除く」ことが一番手っ取り早く効果的ですが、コロナ鬱の場合はその方法は使えません。

それは、原因が自分の近くで起こっているわけではないからです。

「外出しずらい」「仕事の不安」「「世の中全体の閉塞感」「常にマスクをしなければならない」といった原因は、自分ひとりの力では決して変えることができない問題であるため、ストレスや不安の原因を取り除くことは不可能なのです。

では、どうやってコロナ鬱になってしまうのを防ぐのかと言えば、「全く違うことをしてストレスを軽減させたり、軽減させる環境を作る」ことです。

例えば、

・ストレスを感じる部分を相談できる相手を作る

悩みや不安は、自分一人で抱えている状態が一番危険です。

悩みや不安に共感してくれる存在を作ることは、鬱病にならない為に必須の環境なのです。

日本でも自殺によって命を絶ってしまう人が毎年大勢いますが、悩みや不安を打ち明ける相手がいないことが大きな原因となっているのです。

もし身近に信頼できる家族や友人がいる場合は、勇気を出して相談してみるようにしましょう。

・新しいことにチャレンジしたり、勉強する

ストレスを発散したいと考える時、人はのんびりと休日を過ごしたり、長時間寝たり、マッサージをしたりするかと思いますが、実は「新しいことにチャレンジしたり勉強する」ことの方が遥かにストレスを軽減させてくれるのです。

また、新しいことにチャレンジすること自体にストレス軽減の効果があると同時に、その時間はコロナウイルスによるストレス環境を忘れることができるので、環境的にも最高のストレス改善法と言えます。

・森林浴をする

人間がストレスから解放されるためには、副交感神経を高める必要があります。

実は、木々の生い茂る自然に足を運び、森林浴するだけで一気に副交感神経を高めることができ、ストレスを軽減させることができるのです。

林や森といった自然だけではなく、海や川といった水の流れる場所でも同じような効果が期待できます。

「確かに自然に身を置けば気持ち良いけど、ストレスを大きく軽減させることはできないんじゃない?」と思う人もいるかもしれません。

しかし、メタ分析という様々な論文や研究を集めて導き出した信用性の高い分析で、一般的にストレスを軽減させると言われているマッサージや瞑想、ヨガといった物よりも確実に森林浴の方が大きくストレスを軽減させてくれることがわかっているんです。

まとめ

今回は、コロナ鬱の原因と改善するためのストレス解消方法について解説してきました。

コロナウイルスによる様々な問題は、自分ひとりでは絶対に改善できません。

このような時代において「コロナ鬱」にならない為には、「相談できる相手を作る」「新しいことにチャレンジする」「森林浴をする」といった方法によってストレスを軽減する必要があるのです。

「最近気分が落ち込む時が多いな」という人は、ぜひここで挙げたストレス軽減方法を試してみてはいかがでしょうか?