【夏必見】痩せやすい身体を作るための『3要素』があるって知ってましたか

cosmetics

誰しもが憧れる『痩せやすい身体』ですが『太りやすい身体』と比べて、どんな違いがあるのでしょうか?

根本的な『生活習慣』から、少し変わった『痩せポイント』まで、分かりやすくまとめてみました。

普段からできるような『ダイエット工夫』で、消費カロリーなど痩せやすい身体を作っていくことができます。

そんな『痩せやすい3要素』をご紹介していきます。

スポンサーリンク

【痩せやすい要素】『身体の代謝を上げる』

人間の身体は『代謝』が高くなると、免疫機能や身体機能が向上すると言われています。

運動前にする『準備運動』や食事中に『食べ物をよく噛む』など、色々な方法がありますが、今回は『ダイエット』に特化した代謝向上方法をご紹介していきます。

  • 『運動前に身体を温める』
  • 『準備運動に時間をかける』
  • 『絶食はせずに適度に摂取する』

主に、この3つが『代謝』を向上させるのに必要なポイントになります。

要は『血流をよくする』を意識すると、痩せやすい身体を作っていくことができます。

運動前に『準備運動で身体を温める』という行為は、カロリーを効率よく消費させることができます。

なので、普段『準備運動』をあまりしていない方は、2倍ぐらい時間をかけてみると『効率の良い有酸素運動』を行えます。

【痩せやすい要素】『適切な食事量を把握する』

痩せやすい身体を作るために『適切な食事量』を把握しておく必要があります

これは『消費カロリー』以上に『摂取カロリー』を多くしないというシンプルな考え方です。

運動後は『暴飲暴食』をせずに、少し物足りないぐらいが適切だと言われています。

なので『消費カロリーが少ない』と感じる日は食事量を『少なく』したり、しっかり『運動した』と感じる日は食事量を『多く』してみるのも、適切な食事制限方法となります。

  • 『タンパク質豊富な大豆製品』
  • 『食物繊維豊富な野菜』

上記2つが『ダイエット中』におすすめな食品になります。

コンビニやスーパーマーケットでも『お手軽に買える商品』なので、毎日続けてみるのもおすすめですね。

摂取カロリーにムラがあると『今日は物足りない』などのストレスを感じやすくなるので、できれば『一定の摂取カロリー』を維持していくことが継続のコツになります。

【痩せやすい要素】『運動は汗ばむ程度にする』

上記で『食事制限』そして『代謝向上』などをご紹介しましたが、最も効率よくカロリーを消費できる『運動』で、いかにカロリー消費を向上させる方法についてお話ししていきます。

運動をするにあたって重要なのは『準備運動』と『運動時間』です。

運動時間は、人によって異なりますが『汗ばむぐらい』が目安になります。

汗ばみすぎる運動は『疲労が溜まり』すぎてしまうので、継続し続けれなくなり『ダイエット』に負荷をかけてしまうのでおすすめできません。

なので『少し汗ばむぐらい』で良いので、毎日継続して『身体の毒素』を汗で排出していくのが『痩せやすい身体』を作っていくのに必要なポイントにあります。

逆に『汗ばむ前』に運動をやめてしまうと『代謝が向上せず』逆に『痩せにくい身体』になってしまうのです。

痩せやすい『3要素』で効率よくダイエット

今回ご紹介している『痩せやすい3要素』で効率よくダイエットをしていきましょう。

人それぞれ個人差はありますが、この3つのポイントは身体の基礎機能を元に『いかに効率よくダイエットを加速させる方法』です。

日常的に『健康的な身体』を作っていきたい方は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。