【アンチエイジング】加齢に伴う『エイジング』を抑えるスキンケア方法について

cosmetics

人間は加齢に伴って『エイジング』という『しわ』『たるみ』などの肌症状が現れてきます

もちろん『老化(衰え)』が原因なので、生きている上で仕方ない事ですが、普段行っている『スキンケア』で、エイジングを加速させてしまうケースがあります。

なので、今回は『アンチエイジング』向けの『スキンケア方法』をご紹介していきます。

スポンサーリンク

【おすすめなスキンケア】『擦り過ぎない』

『化粧水』や『乳液』を塗る時に『手のひら』で伸ばしてからフェイスラインへ塗っていると思います。

この時に『擦り過ぎない』ことがアンチエイジングにアプローチさせるスキンケアになります。

あまり擦りすぎると『しみ』の原因である『メラニン』などを生成させてしまうので、奥まで浸透させようと力を入れすぎると『肌トラブル』を引き起こしてしまいます。

スキンケアの際は『擦る』のではなく『プッシュ(押し付ける)』するように、化粧水や乳液を塗っていきましょう。

【おすすめなスキンケア】『紫外線を避ける』

人間の肌は『細胞』が集まってできています。

なので、いかに『細胞』を傷つけず、生き生きとさせるかが鍵になってきます。

そんな『細胞』を、傷つけてしまうケースで日頃から注意が必要なのが『紫外線』です。

紫外線は、細胞を痛めるだけではなく『しみ』『黒ずみ』などの原因にもなってしまいます。

こういった肌トラブルは『ニキビ』などの吹き出物と同様に『跡』として、皮膚表面に残ってしまうケースがあります。

対策としましては『日焼け止めクリーム』を利用して、地肌への紫外線を抑えるのが効果的なスキンケアです。

日焼け止めクリームは、たっぷりギトギトに塗るのではなく『満遍なく均等』に塗るのがポイントです。

【おすすめなスキンケア】『乾燥させない保湿』

人間の肌には4種類あります

  • 『乾燥肌』
  • 『脂性肌』
  • 『混合肌』
  • 『普通肌』

この中で最も注意が必要なのが『乾燥肌』です。

乾燥肌は『皮脂分泌』が少ないのが原因で『カサカサしてしまう肌質』のことです。

乾燥肌のまま放置しておくと『肌のキメ』や『肌質』に大きな影響を与えてしまいます。

ここで、おすすめしたいのが『こまめに洗顔をして保湿する』スキンケア方法です。

毎回『洗顔料』を使うのではなく、温水などでしっかり『皮脂を落としてから保湿する』を繰り返すことで、肌の衛生環境が向上するので、乾燥肌の軽減に繋がります。

セルフでできる『エイジングケア対策』は若いうちから

『エイジングケア』と聞くと『年老いてからするスキンケア』と思われがちですが、実際には『若い』うちから行うことが、アンチエイジングとして『有効』な手段とも言われています。

細胞というのは『すぐに生まれ変わる』のではなく、肌の『ターンオーバー』を経て新しく生まれ変わります。

なので日頃から行うスキンケアで、十分対策していける予防策と言えるでしょう。