優しい子供の育て方「優しさ最強説を信じさせる」

education

「どんな人がタイプですか?」

大人になると、そんな質問をされることもありますよね。

男性女性問わず、大抵一番最初に出てくるのは、「優しい人」というワードで間違いないでしょう。

そんな「優しい人」になるためには、幼少の頃から「優しさの大事さ」をしっかりと教えることが非常に重要です。

意識せずに自然と子供に優しさの大事さを教えることのできる親御さんもまれにいますが、子育ては時間的にも精神的にも大変なものなので、しっかりと意識しなければ難しいのが現実ではないでしょうか。

そもそも、どのようにして「優しさ」を教えていけば良いかよくわからないという人も多いかと思います。

この記事では、「優しさ最強説を信じさせて優しい子供に育てる」というシンプルな子育て論について解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

優しい子供=優しい大人になるという事

世の中には優しい人ってたくさんいますよね。

・お年寄りや子供が困っていたらすぐに助けられる人

・道具や施設など、次に使う人のことを考えられる人

・先に入れてあげるなど、他の車の為に運転できる人

・家族や恋人、友達の誕生日や記念日などをしっかりと覚え、お祝いができる人

・大事な人が病気や怪我をした時、自分のことは二の次で助けてあげられる人

他にも様々な場面で優しさを感じることってあるかと思います。

大人になるまでそんな優しさを身に付けられなかった人が、大人になってから優しくなろうとしてもなかなか難しいものです。

「三つ子の魂百まで」という言葉もありますからね。

しかし、幼少期より「人にやさしくすること」をしっかりと教わっていれば、大人になってからも当たり前のような感覚で人に優しくすることができるのです。

そういった意味でも、親として「子供に優しさの大事さ」を教えることは、非常に重要なことなのです。

「優しさは最強である」ことをに意識させられるかがポイント

「お友達には優しくしようね」

幼稚園や保育園ではこのような言葉で子供に優しさを教えますよね。

小学生頃になると、優しくできなかった問題点に対して、「なんで優しくできなかったのかな?」というように答えを導いたりするものです。

これが一般的な優しさの教え方です。

そんな一般的な教え方の他に、我が子を優しい人間に育てるおすすめの方法があります。

「優しいは最強である」と意識させていくことです。

世の中には、様々な形容詞が存在しますよね。

「優しい」「面白い」「強い」「美しい」「明るい」といった言葉が思い浮かびますが、その中でも「優しい」が一番カッコいいことなんだという意識を子供に持たせるのです。

教える方法は至ってシンプルです。

テレビでも、映画でも、ドラマでも、実際目の前で起きた出来事でも、全てにおいて「優しいってすごいね」というリアクションを親が見せるのです。

例えば、テレビニュースで迷子になっている3歳児を見かけた中学生が家まで届けてあげたというニュースを親子で観たとしたならば、「この中学生は本当に優しいね」「めっちゃ素晴らしいね」というように、褒めまくります。

日常で起きるすべての優しさに、親が関心と敬意を持ったリアクションをしていると、小学校高学年になるころには自然と子供は優しいことが本当に素晴らしいことなんだと認識し、自分自身も優しくなろうと思うのです。

「優しさは最強」

この言葉を子供の意識に教えられるかどうかが、「優しい人間」になるための大きなポイントなのです。

まとめ

我が子には優しい大人になってほしいと願うのが親として当たり前の感情だと思います。

確かに、世の中は時として厳しく、優しいだけでは辛い事も経験するでしょう。

また逆に、優しくない人のほうが仕事がうまくいくかもしれませんし、生きやすいのかもしれません。

それでも、私は我が子には優しい人に育ってほしいなと思っています。

だから、幼少期に教わる一般的な優しさの教育の他にも、「優しさは最強である」という意識を親のリアクションによって教えるという方法もおすすめなのです。

ぜひ、明日からでも、目の前で起こる全ての優しさに対して関心と敬意を持ったリアクションをして、子供に「優しさ最強説」を教えていってみてはいかがでしょうか?