野菜から食べよう!ダイエットを成功させるカギは食欲の抑制方法

diet

食欲の秋、一向に食欲が減らない私です。

さて、若いころはムリなダイエットをしていました。食事を一切取らないとかそういうやつです。

それでも若かったので、短期間で10キロ痩せることができましたが、体に悪かったと思います。

それにしても、食欲ってなかなか消せるものではないですよね。

スポンサーリンク

食事を減らせば減らすほど、おなかが空いて食欲が湧いてしまう

多くの人が、食欲を抑制して体重を減らしたのに、抑制すること自体が食欲を刺激する結果になってしまうことを実感しています。

ダイエットによってスピーディーに痩せたいと思うとどうしても無理な食事制限に走ってしまう人が多いようです。

食事を減らすダイエットは、心にも体にも負荷がかかりますので、できれば別な方法を選んだほうがいいでしょう。

あらゆる人が、お腹が空けば何か食べたいという気持ちを抱きます。

食欲は生物が生きるための基本的なことなのです。

人間が生きていられるベースとして、三大欲求と言われる食欲が存在していることがあります。

死にたくないという本能と、食事をしたいという欲求は密接なものです。

食事を減らすより、食欲を満たしつつカロリーを減らす方法

食欲を抑制するよりも、食欲を満たしつつカロリーの摂取量を減らす方法を考えましょう。

例えば、食べる順序や食事の摂り方を工夫することで、体重を増やしにくくできます。

まず米やパンやパスタといった糖質の多い食品はどうしても太りやすくなるので、糖質が多いものを食べる前には必ず温野菜やサラダなどから食べるようにしましょう。

食事を摂るときにはまず野菜から食べることで、食欲を穏やかにすることができますので、食べ過ぎ予防に有効です。

糖質や脂質から吸収を始めると血糖値が上がりますので、まずは食物繊維が胃に入るようにして、胃壁から吸収されるものが高カロリーの栄養にならないようにします。

食事量を減らしすぎると、よりおなかが空きますので、まずは手軽な方法として、野菜から食べるようにしましょう。

食事量を減らすと空腹感が高まりますので、量は変えずとも食べる順序を変える方法でダイエットをするといいでしょう。

まとめ

ダイエットの第一歩として、炭水化物を減らすことも大事です。

ですが、まず最初の1歩は食事量を減らし、食欲を抑制するよう頑張るよりは、食事量は減らしすぎず、食べる順序を変えることでストレスの少ないダイエットができます。

食事はまずは野菜から食べましょう(大事なことなので2回言いました)