リバウンドを防止してダイエットの失敗を回避する方法

diet

私は去年痩せようと少しダイエットをしたのですが、リバウンドをして元よりも太ってしまいました。

その失敗談から今回の記事を書きたいと思います。

スポンサーリンク

なぜリバウンドが起こるのか?

リバウンドが起きると、せっかくのダイエット効果が得づらくなります。

なぜリバウンドが起きるかを把握してことで、リバウンドの起きないダイエットが可能です。

リバウンドは、食事量を少量にしていたころから元の量に戻すことで起こる

リバウンドは、ダイエットのために食事制限などをしていた人が、食事をこれまでの量に戻すことで起きます。

ダイエット前より太ってしまうようなリバウンドを何度も経験していると体重が落ちにくい身体になります。

私も何度もダイエットに失敗しているので、体重が落ちにくい体になっていると思います。

リバウンドの原因は、減ってしまった筋肉量にあった

なぜ、人体はダイエットのために食事量を減らしているとリバウンドするのでしょう。

人体は、生命を維持するために一定のカロリーを必要としており、大抵は食事から得たカロリーが、生きるために使われています。

カロリーが足りなくなると、筋肉をエネルギーの原料にしてしまいます。

しかし、筋肉はカロリーを燃やしてエネルギーをつくるための器官なので、筋肉が減ると代謝が下がります。

ダイエット前の食事量にに戻した時に、筋肉量の低下などで代謝が下がっていると、以前よりもエネルギーの消費効率の低い体になっていて、余ったエネルギーを脂肪にしやすくなります。

リバウンドしないダイエットをするにはどうしたらいいか

体重を減らすためといってもカロリーセーブはある程度でやめて、あとは運動などで減量効果を得ることがリバウンド予防のコツです。

リバウンド体質の原因は、カロリーの少ない食事の摂りすぎで筋肉が減ってしまい、代謝が落ちることです。

リバウンドが起きにくいダイエットのためには、食事を減らしつつ、体を動かす機会を増やして、筋肉増強やカロリー燃焼に励むことです。

筋トレをするといいかと思います。しかし、私のように太ってしまった体だと、筋トレがきつくて続かないんですよね。

これからは、たった10回くらい腹筋できればいい、次の日は10回スクワットできればいいとか、高すぎないハードルを設けてやってみようと思います。

最初からきつい運動をノルマに掲げると続けるのって難しいです、まずは簡単なところから、ですね。