【栄養指導シリーズ】ダイエット効果のある食品の種類と特徴について

diet

私は夜ご飯を減らそうとしたときに、まず、プロテインで代用することをしています。

結構おなかがいっぱいになるので、大変便利だと思います。

栄養指導によるとタンパク質とビタミンBと鉄が痩せるためには必要ということで、

タンパク質の補填という面でもプロテインで食事を代用することは良いとされています。

それから私は、サプリメントでビタミン群を補っています。

市販されているダイエット食品には色々なバリエーションがありますので、個々人が使いやすいものを選択できます。

スポンサーリンク

飲むタイプのダイエット食品

ダイエットのために使える食品として、よくお店で売られているものは、飲み物タイプになります。

ダイエットドリンクを飲み続けることで、食事の準備に手間をかけすぎることなく、スムーズなダイエットをすることができます。

プロテインダイエットなども種類が豊富です。

私は病院で処方されている医療機関限定サプリメントの大豆プロテインで置き換えています。

用意する手間がかからず、すぐに一食物のカロリーが得られることがドリンク型の利点です。

日々の食事にダイエット食品を使うことで、1日に体内に補給するカロリー量を少なくすることが可能になります。

ダイエット食品を利用することで、調理に手間をかけることなく、スムーズに食事をすることができます。

食事タイプのダイエット食品

ダイエット食品の中には、一回分の食事として見た目が普通の食事とそう変わらないものもあります。

たとえば、糖質0麺を麺の代わりに食べたり、ゼンパスタという、イタリアで人気の乾燥糸こんにゃく(乾燥しらたき)などがあります。

一見すると普通の食事ですが、低カロリー食品です。おかゆやパスタ、ドリアやハンバーグなど、ダイエット食品には色々なものがあります。

ドリンク型では物足りないという人は、食事型のダイエット食品を使ってみるといいでしょう。

おやつ型のダイエット食品

ダイエット食品としてよく売れているものの中には、おやつとして食べられるものも存在しています。

低糖質パン 糖質制限 パンなどは人気の商品です。

低カロリーで、ダイエット中でも安心して食べられるようなダイエット食品なら、チョコやケーキなどでも楽しみながら食事が可能です。

ダイエット用に販売されているお菓子は、一度の食事の代替品として用いるにはカロリーが少なすぎることもあるので要注意です。

一回の食事で得るカロリーの量を少なくすることでダイエットを成功させたいという人は、ダイエット食品の活用がおすすめです。